『吸血鬼ラスヴァン』発売!(※誤記のご報告あり)

G・G・バイロン、J・W・ポリドリほか『吸血鬼ラスヴァン 英米古典吸血鬼小説傑作集』(夏来健次 平戸懐古 編訳 / 東京創元社) 5月末発売!

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488011154

装幀 山田英春氏 装画原画コルネリス・フロリス(Cornelis Floris 16世紀フランドルの彫刻家/建築家の由)。

 

 

※誤記のご報告  本書中『吸血鬼ヴァーニー』扉裏ページの作者紹介文冒頭 作者名「ジョン・プレスケット・プレスト」とあるのは「トマス・プレスケット・プレスト」の誤りです。読者の皆様に謹んでお知らせをさせていただきますと共にお詫び申し上げます。文責 夏来

 

以下 収録作 邦題/原題/発表年/作者名のみですがご紹介(★印 本邦初訳作)。


吸血鬼ダーヴェル──断章 Fragment of a Novel(1819) ジョージ・ゴードン・バイロン(George Gordon Byron) 平戸懐古 訳

 

吸血鬼ラスヴァン──奇譚 The Vampyre: A Tale(1819) ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori) 平戸懐古 訳
          

黒い吸血鬼──サント・ドミンゴの伝説 The Black Vampyre: A Legend of Saint Domingo(1819)★ ユライア・デリック・ダーシー(Uriah Derick D'Arcy) 平戸懐古 訳
          

吸血鬼ヴァーニー──あるいは血の晩餐(抄訳) Varney the Vampire: or the Feast of Blood(1847)

          ジェイムズ・マルコム・ライマー(James Malcolm Rymer) トマス・プレスケット・プレスト(Thomas Preskett Prest) 夏来健次

 

ガードナル最後の領主 The Last Lords of Gardonal(1867)★ ウィリアム・ギルバート(William Gilbert) 平戸懐古 訳
          

カバネル夫人の末路 The Fate of Madame Cabanel(1873)★ イライザ・リン・リントン(Eliza Lynn Linton) 平戸懐古 訳
          

食人樹 The Man-Eating Tree(1881)★ フィル・ロビンソン(Phil Robinson) 夏来健次
          

カンパーニャの怪 A Mystery of the Campanga(1886)★ アン・クロフォード(Anne Crawford) 夏来健次
          

善良なるデュケイン老嬢 Good Lady Ducayne(1896)★ メアリ・エリザベス・ブラッドン(Mary Elizabeth Braddon) 夏来健次
          

魔王の館 The House of the Vampire(1907)★ ジョージ・シルヴェスター・ヴィエレック(George Silvester Viereck) 夏来健次


以上 全10作(内本邦初訳7作) 最後の「魔王の館」のみB・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』(1897)以後の作。

なお 巻末の平戸懐古氏による「解説──ドラキュラ伯爵の影の下に」は 名作『ドラキュラ』の絶大な呪縛力からの解放を試みる野心的評論で 11番目の収録作に匹敵する力篇。夏来の「序文──バイロン男爵の光の下に」はこれに触発され(タイトルも)執筆。

 

また 平戸氏のブログ【懐古文庫】↓ にて 本書の概要を詳細に且つ面白く書いてくださっていますので 是非ご覧いただきたく。

 

 

本書は電子版もあり お好みにより / 共々に 御贔屓 御願い奉り候!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

W・H・ホジスン『幽霊海賊』電子版発売!

ウィリアム・ホープ・ホジスン『幽霊海賊』(アトリエサード/書苑新社) 電子版にて復活!

https://www.amazon.co.jp/dp/B0B1717LHB

↑ 第一章 お試し読み歓迎! 税込1540円(紙版より880円お得)!

↑ 装画 中野緑画伯 (巻頭表紙=紙版装幀と同一)

先般紙版目出度く大好評SOLD OUTにつき この度若干修整施し電子化と相成り。

現在Amazon Kindleのみの模様なるも 各方面にても順次刊行と思われ。

紙版は2015年 ナイトランド叢書 第1巻として発売 ↓ 以来8年の御愛顧に感謝!

http://athird.cart.fc2.com/ca9/138/p-r-s/

『異次元を覗く家』だけを読むと異世界VSこの世界と云った様にも感じられるが、本作と併せてみると、世界のぶつかり合いと云うより、この世界と隣接する世界との境界が曖昧に成った時に起こり得る事象を描く事だけに専念している様だ。本作が三部作の最初に書かれたのは船乗りだった作者の経験に依るものだろう。恐らく海洋怪談をラヴクラフトではないが、単に死霊だとか有り触れて古めかしいものを引っ張り出して来るのではなく、もっと新しい視点で描こうとしたのだろう。】(𠮷田仁氏評より)

刊行後間もなくして逸早くの𠮷田氏の鋭い読み取りに 今にして慨歎新た。

 

 

以後益々御贔屓 冀ヒ奉リ候!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

『小説推理』11月号にて東雅夫氏『人狼ヴァグナー』絶餐!

漸く久々の『小説推理』11月号購入するも…  https://www.futabasha.co.jp/magazine/suiri.html

↓ 煮物総菜(21時過ぎ半額)の汁が裏表紙に…

f:id:domperimottekoi:20211020101816j:plainf:id:domperimottekoi:20211020101829j:plain

それは扨置 目当ては電脳版既載の東雅夫氏書評欄を紙版で是非触れてみむと。https://colorful.futabanet.jp/articles/-/991

東氏に『人狼ヴァグナー』を採りあげていただける日到来とは 老残も時には徒ならずや。

然れども…

f:id:domperimottekoi:20211020101957j:plain

然れども東さん 無償じゃないすから! ついでに悪夢で桑原じゃないすから!

f:id:domperimottekoi:20211020101933j:plainf:id:domperimottekoi:20211020101923j:plain

と云うことで 東氏に大謝深謝一重ならず。

 

 

 

 

請 御贔屓!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

ウイリアム・ホープ・ホジスン『幽霊狩人カーナッキの事件簿』電書化 成る!

1年前告知のままとなっていたウイリアムホープ・ホジスン『幽霊狩人カーナッキの事件簿』(創元推理文庫) …

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488536022

 

…漸く電書化実現す!  7/29より配信 只今絶珊予約受付中 請 御贔屓!


 

Thomas Carnacki the Ghost-Finder (central ↓ )

f:id:domperimottekoi:20210728105825g:plain

 

William Hope Hodgson

f:id:domperimottekoi:20210728105031j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

『人狼ヴァグナー』見本出来!

ジョージ・W・M・レノルズ『人狼ヴァグナー』(国書刊行会) 見本出来!

https://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336071095/

荒俣宏氏 推薦の辞
【1ペニー恐怖文庫(ドレッドフル)?!──近年、これが英語圏で大復活している。その代表作が、日本語で読める日が来た!】

交錯する愛憎と怨恨、野望と戦乱、フィレンツェコンスタンチノープルエーゲ海ロードス島、さらには地中海のいずことも知れぬ孤島を舞台に繰り広げられる、ゴシック・ロマンスの後裔ともいうべき波瀾万丈の物語がここに開幕!

648頁 税込5280円 Amazon7/18発売  絶賛予約受付中   請 御贔屓! https://www.amazon.co.jp/dp/4336071098

f:id:domperimottekoi:20210714143219j:plainf:id:domperimottekoi:20210714143001j:plain 

装幀 山田英春氏。装画の基になったヘンリー・アネレイ(Henry Anelay)による雑誌連載時の第12章「人狼」挿画 ↓

f:id:domperimottekoi:20210624004115j:plain

今版では挿画24葉全てを各当該ページに掲載。

※第12章は 新紀元社『幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア』に抄訳。https://neunumanumenu.hatenablog.com/entry/2020/07/16/232805

 

↓ カバー袖 (文・編集担当 清水範之氏) と 関連略地図。

f:id:domperimottekoi:20210714143348j:plainf:id:domperimottekoi:20210714143514j:plain

 

ジョージ・ウィリアム・マッカーサー・レノルズ
1814~1879  ヴィクトリア朝期イギリスの通俗小説〈ペニー・ドレッドフル〉の人気作家。主著 The Mysteries of London, The Mysteries of the Court of London, Faust: A Romance of the Secret Tribunals, Wagner,the Wehr-Wolf(本書) 他。

f:id:domperimottekoi:20210624004743p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.


 

ジョージ・W・M・レノルズ『人狼ヴァグナー』7/15発売!

ジョージ・W・M・レノルズ『人狼ヴァグナー』(国書刊行会)7/15発売予定!

https://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336071095/

荒俣宏氏 推薦の辞
【1ペニー恐怖文庫(ドレッドフル)?!──近年、これが英語圏で大復活している。その代表作が、日本語で読める日が来た!】

交錯する愛憎と怨恨、野望と戦乱、フィレンツェコンスタンチノープルエーゲ海ロードス島、さらには地中海のいずことも知れぬ孤島を舞台に繰り広げられる、ゴシック・ロマンスの後裔ともいうべき波瀾万丈の物語がここに開幕!

648頁 予価5280円(税込)  書影近日公開

請 御贔屓!

 

George William MacArthur Reynolds   Wagner,the Wehr-Wolf(1847)

f:id:domperimottekoi:20210624004115j:plain

 

ジョージ・ウィリアム・マッカーサー・レノルズ
1814~1879  ヴィクトリア朝期イギリスの通俗小説〈ペニー・ドレッドフル〉の人気作家。主著 The Mysteries of London, The Mysteries of the Court of London, Faust: A Romance of the Secret Tribunals, Wagner,the Wehr-Wolf(本書) 他。

f:id:domperimottekoi:20210624004743p:plain

 

 

※『幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア』(新紀元社 2020/5月刊)にて抄訳掲載済。

https://neunumanumenu.hatenablog.com/entry/2020/07/16/232805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

千澤のり子『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』/ 『新青年』展

千澤のり子『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』(行舟文化 2021/1月刊) 読。

https://www.gyoshu.co.jp/items/35990752

春夏秋冬 季節が巡るごとに巻き起こる事件を通じて 少女は一歩ずつ成長していく──】

f:id:domperimottekoi:20210428020223j:plain

『君が見つけた星座』(原書房 2017)以来4年ぶりとなる個人作品集で 2016~17にかけ『ジャーロ』誌に連載した4篇に書き下ろしの「エピローグ」を加えた連作ミステリ集。また千澤のり子名義単独でのデビュー作である長篇『マーダーゲーム』(講談社ノベルス 2009)以来の小学生ミステリ(!)でもある。
主人公 片瀬瑠奈はある都市部住宅街に住むごく普通の小学5年生で ゲーム好きの利発な少女だが 自身に格別な推理能力があって難事件を快刀乱麻していくわけではなく その面に関するかぎりは寧ろワトスン役に近い立ち位置を採り 名探偵役は別のある人物が担う(版元の紹介文ではその点を明示しておらず ここでも一応秘す)。
「春 第一話 少女探偵の脱出劇」主人公瑠奈が何者かに監禁され 携帯ゲーム機を頼りに脱出を図る。
「夏 第二話 少女探偵の自由研究」夏休みに初めての独り旅を試みた瑠奈が奇妙な町に紛れ込む。
「秋 第三話 少女探偵の運動会」瑠奈を脅す〈死神〉なる謎の存在が運動会の進行とともに解き明かされる。
「冬 第四話 少女探偵と凍死体」瑠奈の兄の身辺で起こった変死体事件を あるスマホゲームとの関わりから究明。
各篇に共通するのは いずれにも何らかの形でゲームが関わってくることと もう1点重要なのは それぞれの叙述の一部に仕掛けが秘められていること。個人的にはゲーム全般を得意としない読者なのでその面での追いつきが危惧されたが 門外漢の目にも決して晦渋に走らない平易懇切な説明が適宜織り込まれ安堵。このゲーム側面は読み進むうちに現実と非現実との交錯の効果があると得心。また叙述の仕掛けについては作者の最大の志向と予め承知しており 期待が満たされ快哉──その面はエピローグまで含めたこの連作総体にも言え つい「やったな」とニヤリとさせられ。
当然予想されるとおり 奇絶怪絶・不可思議千万な大上段の物語ではなく 少女が一見何げない日常の中で事件に巻き込まれていく設定だが そうでありつつも既成の所謂〈日常の謎〉路線とは異なり 常にある種の昏さ・怖さ・妖しさを底に秘めている点がこの作者の特徴──その意味で「酷い事件があたかも童話のように読めてしまう」と言う新井素子の讃は的確。

全4作中で敢えて選ぶとすれば さり気ない異界感が心地よい第二話が最も個人的好みかも。 

少女ティック 下弦の月は謎を照らす

少女ティック 下弦の月は謎を照らす

 

本書は作者 千澤のり子さんより拝領しました 深謝!

 

 

 

 

 

その千澤さんと4月23日(金) 神奈川近代文学館【永遠に「新青年」なるもの】訪問。

https://www.kanabun.or.jp/exhibition/13484/

f:id:domperimottekoi:20210428020506j:plainf:id:domperimottekoi:20210423161425j:plain

想像以上に多量の展示で充実。圧巻は『新青年』全号表紙実物の壮観。個人的には妹尾アキ夫 夫妻写真に感慨。

帰途は会場のある〈港の見える丘公園〉坂路を徒歩でくだり 横浜マリンタワー ベイブリッジ等を初展望。

f:id:domperimottekoi:20210423164705j:plainf:id:domperimottekoi:20210423161511j:plain

 

入館前には中華街にて昼食 千澤さんより本書にサインいただく。

f:id:domperimottekoi:20210428020342j:plainf:id:domperimottekoi:20210423131445j:plain

サイン右下は千澤さん得意のホルンの図。諸々ありがとうございました!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.