『幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア』

『幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア』(新紀元社 2020/5月刊)読。

http://www.shinkigensha.co.jp/book/978-4-7753-1824-9/

f:id:domperimottekoi:20200717001035j:plain

古典小説群
ジョージ・W・M・レノルズ「人狼」……19世紀中葉の世界初長篇人狼小説『人狼ヴァグナー』抜粋(完訳予定)。
リーチ・リッチー「狼人間」……同じく19世紀の更に先んじる人狼短篇。ユーモラスな味わい。
アルジャーノン・ブラックウッド「ランニング・ウルフ」……カナダ舞台 この作家特有大自然観。
H・R・ウェイクフィールド「ある探検家の死」……アフリカの獣ハイエナの不思議と霊性
オリヴァー・オニオンズ「屋敷の主人」……インド魔術と犬の怪。以上5作 世界各大陸の人狼観差異に興趣。 

現代小説群
フリッツ・ライバー「魔犬」……大都会の日常の中での人狼
デール・C・ドナルドスン「ピア!」……誰が人狼か? ミステリ味&迫力アクション。野村芳夫氏発掘作。
ジェイムズ・ブリッシュ「闇はもう戻らない」……同じくウルフーダニット(?)+医学&オカルトの力作中篇。映画『スリラー・ゲーム/人狼伝説』原作。
ニーナ・キリキ・ホフマン「ゴミ箱をあさる」……現代人の荒んだ人間性と獣性。
ティーヴ・ラスニック・テム「おじいさまの画帳」……同じく現代での「老い」の象徴としての変身。終盤凄絶。
安土萌「老人とオオカミ」……奇しくもテム&ホフマン作品に通じる「家族」の荒廃と狼幻想。落ちにニヤリと。
井上雅彦「森になる」……「狼」の語を1度も使わない作者一流の詩的獣人譚。

エッセイ他
序文「変身と野生のフォークロア」(M筆)……ベアリング=グールドの研究書『人狼伝説』(人文書院)紹介/人狼イメージの意外な近現代性 示唆的。
野村芳夫人狼」……一般化前に「人狼」をwerewolf訳語とした荒俣宏氏の先見性/ケルーシュ『不死の怪物』ウィリアムスン『エデンの黒い牙』邦訳時の逸話。
藤原ヨウコウ「A Map of Nowhere 02:「人狼」のハルツ山地」……フレデリック・マリヤット「人狼」からの触発画。
澤村伊智「黄昏に立つ母は狼」……同じくマリヤット「人狼」の思い出と自身の未発表人狼小説について。
斜線堂有紀「昼に着るのはドレスがいい 夜にあるのは牙が良い」……映画『狼の血族』について。
植草昌実『図説 ヨーロッパから見た狼の文化史』……ミシェル・パストゥロー著書(原書房)書評。
菊地秀行「銀幕の人狼たち」……怪物映画蒐集第一人者へのインタビュー。作品紹介 流石の数量&充実度 フィルモグラフィー付き。
海外人狼小説リスト(編集部編)……既訳未訳総合の完璧網羅。

 

他 特集外書評『龍蜂集 澁澤龍彦 泉鏡花セレクションⅠ』(朝宮運河) / 今福龍太『ボルヘス『伝奇集』──迷宮の夢見る虎』(垂野創一郎) / 垂野創一郎『怪奇骨董翻訳箱──ドイツ・オーストリア幻想短篇集』(植草昌実)

 

総じて傑作&名篇揃い。個人的には人狼物未読未見作多さに忸怩 ここを起点とすべしと認識新たに。 

幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア

幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア

  • 発売日: 2020/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

次号特集「平井呈一と西洋怪談の愉しみ」。

 

 

 

因みの蛇足 弊ブログ子の近年劇場観覧 ↓ 旧作狼男邦画2本。

『ウルフガイ 燃えろ狼男』(千葉真一 主演)  『狼の紋章』(志垣太郎 松田優作 主演)

f:id:domperimottekoi:20200717000529j:plain

f:id:domperimottekoi:20090812121614j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
 

ネヴィル・シュート『渚にて 人類最後の日』重版

既報のとおり ネヴィル・シュート『渚にて 人類最後の日』(創元SF文庫) 9刷(奥付5月8日) 見本到着。

f:id:domperimottekoi:20200701120858j:plain

帯は初版以来10年以上変わらず。

f:id:domperimottekoi:20200701122758j:plain

 

【ネヴィル・シュートという作家が語りたかったのは、破滅に直面してなお人には守るべきものがあるということだったと思う。

人は気高い存在であるべきなのだ。】鏡明 解説より

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488616038

 

請御贔屓!

渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)
 
渚にて 人類最後の日 (創元SF文庫)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

 

W・H・ホジスン『幽霊狩人カーナッキの事件簿』電子版予定!

初刊後増刷に至らぬまま長らく未定状態となっていたウィリアム・ホープ・ホジスン『幽霊狩人カーナッキの事件簿』(創元推理文庫)が 電子版にて近々復刊!

http://www.tsogen.co.jp/sp/isbn/9784488536022

発売時 告知予定。請 御贔屓!

f:id:domperimottekoi:20200618165527j:plain

 

尚 紙版での復活は次機に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

『血まみれ鉄拳ハイスクール』初レビューは…

 

ライアン・ギャティス『血まみれ鉄拳ハイスクール』Amazon初レビューは☆2つorz…

f:id:domperimottekoi:20200613142806p:plain

 

猶 絶賛 請 御贔屓!

 

血まみれ鉄拳ハイスクール

血まみれ鉄拳ハイスクール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

朝松健『邪神帝国・完全版』/『魔道コンフィデンシャル』

朝松健『邪神帝国・完全版』(アトリエサード 2020/1月刊 ↓ 写真左下)

http://athird.cart.fc2.com/ca9/284/

最初刊時(写真右下 ↓ ハヤカワ文庫JA 1999)作者より献本頂き初読 今般再読。(※ ↓ 右上は同書 創土社版2013  装画 槻城ゆう子)

f:id:domperimottekoi:20200607233725j:plain

↑ 写真左下『完全版』カバー中央 眼のオブジェはマンタム=田村秋彦 作。その右の半顔は巻末収録作「怒りの日」の実在主人公クラウスの肖像写真。

1994~98年『SFマガジン』掲載作を軸としたクトゥルフ神話ナチス・ドイツ テーマ短篇集に 新旧解説3種と新資料を併載したまさに完全版。

「"伍長"の自画像」……作者を思わす作家Aと屈折した青年 平田との運命的邂逅。神話とナチスの架橋鮮烈。集中唯一本邦舞台。(※本作のみ『小説CLUB』初出)
「ヨス=トラゴンの仮面」……朝松版 神話要素の一角となる邪神&仮面の本格端緒作。WWⅡ前夜期 日本軍間諜 神門帯刀(ごとうたてわき)がSS長官ヒムラーより帯びた密命とは? 魔術師メルゲルスハイムとロンギヌスの聖槍も絡み 魔的第三帝国興亡史開幕。
「狂気大陸」……史実上の謎めくナチス南極探検を背景とする ラヴクラフト名作『狂気山脈』後裔譚。ショゴスの迫力は怪絶の極み。テケリ・リ!
「1889年4月20日」……十九世紀末ロンドン切り裂きジャック事件の神話的解読。実在魔術師メイザース登場 次世紀ナチスへの驚愕の連動。
「夜の子の宴」……ルーマニア山地でドイツ軍が遭遇する怪異。吸血鬼と神話の共存はラムレイ『ネクロスコープ』にも通ず。
ギガントマキア1945」……ナチス南米逃走作戦の秘史。Uボートを襲う巨大海魔!
「怒りの日」……史実ヒトラー暗殺未遂事件の暗部。邪教に侵犯された末期的政府転覆計画実行犯クラウスの凄愴悪夢。(※ハヤカワ文庫初刊時 唯一書き下ろし作で 2008年トム・クルーズがクラウスを演じた映画『ワルキューレ』に約10年先行)
「魔術的註釈」……単なる註に非ず 作者自家薬籠の魔術智識と神話設定が同一文脈で混淆する眩惑的箴言集の様相。

他に新資料として「関係年表」……創土社版「関連年表」から全面改稿 大幅増量&詳説 /「構想メモ」……作者発掘品 今版初載 超貴重!

解説はハヤカワ版の井上雅彦創土社版の末國善己 の他に 今回新たに林譲治も参加。作者の〈遊び心〉に着目する井上/テーマのアクチュアリティに注目する林/各作毎に歴史説明加え詳述する末國 と 3者3様の切り口が味読に資す。

全作ナチスを共通項とし乍ら 総じては 全地球観 全人類史まで眺望の趣。クトゥルフ神話の高可能性と作者の深謀を改めて感得。

(なお本書には英訳版"Kthulhu Reich"(Jim Rion訳 Kurodahan Press 2019)もあり所持済)

 

 

『魔道コンフィデンシャル』(創土社 2015年刊)読。写真左上 ↑ 装画 山田章博(挿画も) 中央 記念ポスカ。

http://www.soudosha.jp/Cthulhu/mado.html

1950年代シカゴ舞台のクトゥルフノワール。主役=実在の日系人マフィア衛藤健(えとうけんorケン・エトウ)=通称トウキョウ・ジョーが「ヨス=トラゴンの仮面」の神門帯刀と共に ナイアルラトホテップvsヨス=トラゴンの邪神間戦争に巻き込まれる。霊的地区バチュラーズ・グローブ(実在)/レンの片眼鏡(モノクル)/謎の組織S.I.E.G.E…等々数多の魅力的要素頻出に加え 終盤には魔術師メルゲルスハイムも登場し 拳銃vs触手の凄絶活劇 怒濤展開。ジョーが戦時中ドイツに派兵された設定(史実?)も含め 諸点で『邪神帝国』とも繋がるが こちらは時にユーモラスさや天衣無縫な荒唐無稽さが特徴。序盤1度だけウィルマース・ファウンデーションの名も! (因みにコンフィデンシャルの語はJ・エルロイ原作映画『L.A.コンフィデンシャル』以来 ギャング物の象徴記号に)

 

邪神帝国・完全版 (TH Literature Series J-08)

邪神帝国・完全版 (TH Literature Series J-08)

  • 作者:朝松 健
  • 発売日: 2019/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
邪神帝国 (The Cthulhu Mythos Files3)

邪神帝国 (The Cthulhu Mythos Files3)

  • 作者:朝松健
  • 発売日: 2013/02/25
  • メディア: 新書
 
邪神帝国 (ハヤカワ文庫JA)

邪神帝国 (ハヤカワ文庫JA)

 
Kthulhu Reich (English Edition)

Kthulhu Reich (English Edition)

 

 

 

 

 

『魔道コンフィデンシャル』にサイン頂く。

https://domperimottekoi.hatenadiary.org/entry/20170605/1496626359

f:id:domperimottekoi:20200608072559j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

ライアン・ギャティス『血まみれ鉄拳ハイスクール』書影

ライアン・ギャティス『血まみれ鉄拳ハイスクール』(文藝春秋 5/28予)書影出来!

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163912127

装画 清原紘 画伯  本書主人公兼語り手 鉄拳少女ジェニーの肖像

f:id:domperimottekoi:20200514083952j:plain

英米で『キル・ビル』『ファイト・クラブ』『アメリカン・サイコ』などと並び称された唯一無二のハイスクール・バイオレス・アクション。

殺らなければ殺られる、だからわたしは殺る──気鋭の作家がブルース・リーへの愛をこめて書き上げた問題作。】( ↓ 帯&カバーより) 

 

清原画伯は綾辻行人原作『Another』(角川コミックス・エース)『十角館の殺人』(アフタヌーンコミックス) 松岡圭祐原作『探偵の探偵』(ヤングマガジンコミックス)等人気シリーズ作画始め ヴィクトリア・エイヴヤード『レッド・クイーン』シリーズ(ハーパーBOOKS)等装画も多数。峻烈華麗画風が本書編集者お気に入り。

 

『血まみれ鉄拳ハイスクール』5/28発売予定 絶惨予約萬來中! 東西紳士淑女諸賢 何卒請御贔屓! 鉄拳でコロナ撃退!

血まみれ鉄拳ハイスクール

血まみれ鉄拳ハイスクール

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに「イカレてる!」と一部で称賛?いただいた本書邦題は 某著名カルト作(キャシー・アッカー『血みどろ臓物ハイスクール』河出文庫)を熱烈にリスペクトする編集者の発案に基づき訳者他各方面協議の上決定。なお同カルト作のシリーズ化・続篇等ではありません為念…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

『幻想と怪奇2』「特集 人狼伝説 変身と野生のフォークロア」近刊

『幻想と怪奇2』「特集 人狼伝説 変身と野生のフォークロア」(新紀元社/Pan Traductia) 5/22発売予定

https://twitter.com/PTraductia/status/1253551730161139712

http://www.shinkigensha.co.jp/book/978-4-7753-1824-9/  装画 ひらいたかこ

f:id:domperimottekoi:20200511070901p:plain

ヨーロッパに広く伝わる伝説の存在――人狼。人と獣のあいだを行き来するものたちは、呪われた怪物なのか、あるいは選ばれて野生の能力を得た者なのか。名のみ高い古典作品『人狼ヴァグナー』をはじめとする英国怪奇小説から、パルプ・フィクションを経て現代の都市伝説にまで脈々とつながる、変身と野生のフォークロアをここに追究する。

アルジャーノン・ブラックウッド「ランニング・ウルフ」フリッツ・ライバー「魔犬」ジェイムズ・ブリッシュ「闇はもう戻らない」井上雅彦「森になる」菊地秀行「銀幕の人狼たち」他多数(弊ブログ子 ジョージ・W・M・レノルズ『人狼ヴァグナー』抜粋訳 解説 担当)。

絶賛予約受付中 請御贔屓! 

幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア

幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア

  • 発売日: 2020/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.